1月20日、ファンミ・カラオケ感想

含蓄に富んだ考察もないし、有益な情報も何もないただの日記でしかないのですが、そういうものがあってもいいですよね。寝る前だし文章をコンパクトにまとめようという工夫もしない!

はてなブログのゴミになるぞ〜〜〜

 

友達とカラオケ(ファンミ前哨戦)

ファンミに向けてエンジンかけた状態で臨みたいぜってことで、ライビュ前にカラオケ行くことを提案。

最近、自分が楽しむということを能動的にできていて非常に良い感じ。精神病感がだんだんとなくなってきているのではないかと思っている。

 

友達合流前はぼっちでバンドリの曲歌ってたのだけど、合流した後は無印・サンシャイン問わず、ラブライブ!曲だけを歌い続けていた。

少し前、友達とカラオケでラブライブの曲歌ってる時に義務感でコールを入れてた時期があって、その時は何となく俺も友達も楽しく感じてないような雰囲気があったんだけど、ただただ楽しくカラオケの時間を過ごすことを意識してたら、また和気藹々と楽しくカラオケすることができていたと思う。

意見が合ったのは、ラブライブ!のEDはことごとく神曲ってこと

 

 

上海ファンミ(ライビュ)

今日自分的に目を惹かれたのは、あんちゃん、ふりりん、きんちゃん、あいきゃん辺りでした。

 

  • あんちゃん

いつもあんなに表情豊かでしたっけ

そしてあんなに可愛かったでしたっけ。

ハンディーカメラのコーナーとか、ストレートに可愛い路線で来ない辺り何だか愛らしいですね←気持ち悪い

歌もやっぱりお上手ですよね。野郎が歌うのとは違いますよ(当たり前)

 

  • ふりりん

何だか疲れてらっしゃったようにも感じたのですが、やっぱりお茶目というか面白い方なーと思いました。

回転のくだりはめっちゃ面白かった。流石、一年生組。

いや、そこじゃなかった。今日は疲れてらっしゃるのかな?と感じていたのですが、後半のライブパート始まってみると、ライブがめちゃくちゃ良くて驚いたのでした。セトリは言いたくないから曲名は書かないのでふが、冒頭がふりりんソロで始まる楽曲での振りと歌の力強さに引き込まれました。てか、考えてみると、あのパート、ルビィちゃんらしからぬカッコよさだな。

  • きんちゃん

最近電撃PS Liveをよく観ているので、単純に最近よく見ている人が気になった感じ。でも、あの配信と比べるとめっちゃアイドルやってて、ビックリ。スイッチ入れてやっていただいてるのだなと思うと、本当に有難い限り。。。これだから見る側も全力で応援しなければと思いますね。

話は全然別ですけど、遠藤ゆりかさんの件があってから、本当に見る側としても、目の前のパフォーマンスをこれで最後と思って悔いなく応援したいなと思えるようになった。

  • あいきゃん

こんなににぎやかし担当でしたっけ

めっちゃはっちゃけてて、沢山楽しい想いをいただけました。

あいきゃんについても何だか疲れてらっしゃいます?とか邪推してしまったのですが、本当に皆様健康に過ごしていただけることを願います

今日の並びは、りんさんとぱさんが隣になってて、何となくそこの二人で絡んでる場面がよく見受けられた気がして、ラジオファンとしては嬉しい限り。

 

 

ライブパートについては、今日のライビュカメラは何だかめちゃくちゃ良かった気がしました。

Aqoursの皆様も、カメラにめっちゃ視線くださって、本当に応援しがいを感じさせていただけました。

 

眠い、以上。

12/31〜1/1 沼津

淡島の年越し営業目的で、沼津に行きました

シャイニーツアー参加したかったなぁ

 

今回は北口から沼津入り 

バス停のすぐ付近にAqoursのお姿が

 

f:id:pltakuya14153:20180102172345j:image

 

キャラクターの垂れ幕の横には地元の協賛企業が書いてある幕もありました。

 

 

そして、北口から入った目的でもあった、イシバシプラザへ

 

f:id:pltakuya14153:20180102173334j:imagef:id:pltakuya14153:20180102173344j:imagef:id:pltakuya14153:20180102173358j:image

 

若干撮るのに勇気がいる入り口のAqoursプリント

 

撮ってる時に、「あたしちかちゃんのところから出るー!」なんて言ってるお子様を見かけて、

受け入れてくれてありがとうという気持ちに、、、^_^

 

 

f:id:pltakuya14153:20180102173841j:image

翌日に誕生日をひかえてるダイヤさんのプリントが特別仕様になってたり、愛を感じる店内でした

 粋ですね

 

無事におつかい頼まれてた年越し限定バッジを買って退散

 

 

淡島向かうバスに乗る前は、南口の商店街をうろうろしてました

 

f:id:pltakuya14153:20180102174136j:image

 

つじ写真館さんの黒板が最終回仕様になってるのに驚いたり、

 

花丸ちゃんスタンプが置いてある、駄菓子屋のだいこくやさんで食料のバタピーとおやつドーナツ買ったりしてました

 

(年越しで入った淡島では目当てにしてたそばどころか、バースデーケーキセットにもありつけることはなかったので、大晦日から新年の早朝にかけてはここで買ったバタピーで全て乗り切りました。だいこくやありがとうございましたヽ(;▽;))

 

 

年越し営業開始の20時も近づいてきたので、いざ淡島

f:id:pltakuya14153:20180102175014j:image

f:id:pltakuya14153:20180102175030j:image

 

だが、びっくりすることにめっちゃ人多い

淡島入る前のところの駐車場を人がぐるっと2週分するくらい人がいる

(写真とってないけど)

 

 

f:id:pltakuya14153:20180102175053j:image

f:id:pltakuya14153:20180102175108j:image

 

でも、淡島神社の参拝道を提灯が照らしてる様は、遠くから見てもすごい綺麗だった

(うまく撮れてないけど)

 

 

入場の際も、普段なかなか体験できない夜のクルージングに興奮

大晦日の沼津はすごい空も綺麗で、星もよく見えました。シャイニー

 

 

入場早々に そば完売 宣言を受けていたので、

特に何もプレッシャー感じることなく島を散策

 

f:id:pltakuya14153:20180102180408j:image

ホテル横のトンネルの綺麗さに感動したり

 

f:id:pltakuya14153:20180102180438j:image

f:id:pltakuya14153:20180102180447j:image

神社にお札を納めに行ったり、

 

そば販売兼休憩室で解放されていた超高級ホテル 淡島ホテルでくつろいでたりしてました

(年越しはここで上映されてたサンシャイン一期2話を観ながら迎えました。あけおめちかりこ)

 

 

0時を超えた後の島からの始発が5時からなので、

その時間までは水族館スペースで休もう

 

 

と思ってはいたのですが、ここであっさり書いたのに反して当日はそばにありつけなかったことがめっちゃ悔しかったので、

朝4時から販売開始の限定メニュー「ぶっぶ漬け」を食べるために深夜1時から外で並んでました。。。

(僕の後ろに並んでる人が声の大きいタイプのオタクだったので、めっちゃ聞き耳立てておりましたごめん。楽しいお話ありがとうございます)

 

f:id:pltakuya14153:20180102221807j:image

執念の「ぶっぶ漬け」

空腹と寒さによく染みるダイヤさんの温かさ。。。

 

ぶぶ漬け食べたあとは水族館の床で仮眠して、朝5時半に淡島を脱出

 

 

 

夜明けの淡島からの富士山はすごい綺麗で、

こんなにくっきりと絵みたいに富士山が見えることがあるんだなと思いました

f:id:pltakuya14153:20180102210626j:imagef:id:pltakuya14153:20180102210636j:image

(綺麗さよ伝われ)

 

 

淡島から無事戻ったあとは、安田屋旅館前の海岸行ったり

f:id:pltakuya14153:20180102210857j:image

 

長井崎中学校行ったりしました。

f:id:pltakuya14153:20180102210953j:image 

f:id:pltakuya14153:20180102211051j:imagef:id:pltakuya14153:20180102211106j:image

 

 

その後は沼津駅までバスで戻ろうと思っていたのですが、ダイヤがいまいちよく分からなかったので、見ず知らずの同志の方々三名が乗るタクシーに乗せていただきました。ありがとうございますm(_ _)m

 

 

沼津駅付近帰還後は特に目的もなかったのですが、

何となくぶらぶらと沼津港周辺へ。

 

 

本当に天気が良かったこともあって、びゅうおからの景色はとてもよかった

f:id:pltakuya14153:20180102211605j:image

 

海も空も広い!!

味方なんだ 空もこの海もー

f:id:pltakuya14153:20180102211706j:image

 

 

あとは今まで行ったことなかった深海水族館へ

外観がそんなに大きな感じがしなかったので、ちょっと楽しめればいいかなーくらいで入ったのですが、

良い意味で想像を裏切る水槽の多さと、シーラカンスの迫力に魅了されてたっぷり滞在してしまっていました

 

f:id:pltakuya14153:20180102212532j:image

このシーラカンスは冷凍室に入っていて、ガチで生きてたやつがそのままの状態で冷凍されたやつらしい

 

 

水族館出たあとは結構帰宅考えると良い時間になっていたこともあり、アニメ二期で出ていた温泉に行くことを決意、、、したのですが、充電切れにより知識の海に飛び込むことができず。

 

とりあえずで長岡温泉駅に向かって、フィーリングででかそうな「弘法の湯」さんを選んで日帰り入浴。

 

施設も岩盤浴・ミストサウナ・露天風呂・普通のお風呂と充実していて、良い湯浴みになりました

 

 

温泉出た後すっかり暗くなった外に出た時に、楽しい時間が終わりに近づいてるとき特有の物悲しさをめちゃくちゃ感じてました、、、

 

 

そんな感じで新年初沼津は終わり!

何だかんだまともな睡眠をしないで歩き回っていたからか、翌日は13時間くらい寝ていた

 

 

去年思いつきで沼津に初旅行したみたいに、

今年も初めての場所を自分で色々作っていける年に出来ればなーと思います

 

 

 

反省文

街コンで会った女性と、今日ご飯を食べに行った。

 

ただこの童貞野郎何を考えたか当日まで何も準備をせずに、

会う直前になって店の場所と名前を再確認することしかやらず本番に突入

 

人の言葉を受けて適当に表面上のコミュニケーションをするスキルだけはあったから、そこに胡座をかいていた。

 

てか、まずこんな態度のやつ

女性を楽しませよう、一緒に楽しもうとかいう考えじゃなくて、

ただただ女性とデートをしているというイベントをこなしたい気持ちしかないカス野郎だ。

 

漠然と当日を迎えて何もやっていなかった訳だから、

当然の如くやり取りをテンパって、想定の店に行くことも出来ず(リカバーなんてもちろん考えてなかった)、

 

グダッた末に入った店では表面だけのやり取りを交わし、

 

相手より先に帰路の改札をくぐり

別れて終了

カスみたいな時間を過ごさせてしまった

 

 

失敗や挫折と呼ぶのすらおこがましい

自分の怠慢の報いを受けただけの結末だった。

 

 

傷つくの怖くて、何もやらずに終わることは最低に惨めに感じた。

 

街コンでボロクソ失敗したときみたいに、

傷ついたとしても本気で向き合った末の失敗の方が確実に価値がある。

 

「逃げの転職をするな」っていうのは半分間違ってると思う

「辛いなー、仕事辞めたいなー」ってなったときって、

周りの人に相談したり、ネットで色んな話を検索すると思うんですけど、

 

・逃げの転職はするな!

・逃げ癖がついてロクな人間にならんぞ!

 

みたいなことを言われる、もしくは目にすることが多いと思います。僕は多かった。

 

結局僕は逃げの転職を選択したけど、

このアドバイスって半分正解で半分間違いだと今になって思う。

 

辛い想いをしている中でただ逃げるなって言われても、

心の負担が増えるだけで現状は何もよくならないと思うんですよね。

 

今、過去の自分にアドバイスするなら

 

「辛い現状のなかでも、こういうことをやることができるよ」

「それをやるまでは逃げの転職を選択するのは早いよ」

 

って言いたい。

 

 

働いていて辛さを感じるなら、

精神科で診断書もらって長期療養っていう一時避難ができるかもしれない。

 

上司の言葉で辛い想いをすることがあるなら、

ボイスレコーダーで録音して、

上司よりもっと偉い人や、外部の公共機関に突き出すことができるかもしれない。

 

今の自分が知ってる戦い方はこれくらいだけど、

逃げないっていうのは、ただ根性で辛いことに耐えるだけのことではないってことを教えてあげたい。

 

自分のキャパシティの中で、

やれることをやってみたら、辛さが多少なりとも変わることがあるかもしれない。

 

やることやってダメだった、

さらに辛い思いをするようになった、

 

そんなときに逃げればいいんじゃないかなーと

今の僕は思ってる。

 

 

感謝の気持ちがない

 

心が貧しいから、今苦しい思いをしているのかな

 

上部だけの感謝の言葉を良い人に見られたい思いだけで使い続けたり

 

教習所挫折しておかね無駄遣いさせたり

 

奨学金の意味も感じ取ることなく

何も考えないまま自分のためだけに無駄遣いして

 

その裏で母親がお金を払っていることを考えることもせず、

何も求められていないからと母に甘えて

 

頭が悪くて、周囲の人間のことを考えられないから

不幸なのだろう

 

心が貧しいから今が不幸なのだろう

 

 

転職して良かった?

帰りにラブライブ!の「Future Style」を聞いていたら、

転職する前のことを思い出した。

 

ラブライブ!の映画がやっていた夏頃は、

毎日仕事が辛くて仕方がなかったから、

アップテンポで未来の希望あふれるこの曲で自分を励まして日々を過ごしていた記憶がある。

 

 

結局は入社一年も経たずに、

適応障害で診断もらって半年間引きこもった末に会社を辞めたけど、

今でもこの決断はよかったのかなーと思う時がある。

 

 

なにせ、なんの生産性もない一年目の人間を労働時間なしで半年間養ってくれるような企業だ。

今考えると尋常じゃない。

 

特定派遣会社で働く外注さんの今の俺からは想像がつかない。

社会的なステータスは爆下がりしてるんじゃないかな。

 

今の俺なら多分転職はしない。

馬鹿したよなーとすら思う。

 

 

でも、その〝過去の自分の判断〝を判定しているのは、今の自分でしかない。

 

いくら自分のことでも、

今の自分というフィルターを介さないで、

正確に過去の出来事の判定することは不可能だと思う。

 

あの時逃げなくてもよかったんじゃねえの

って思える自分は過去より強くなれたのかもね

 

ポジティブにそう捉えようと思う。

わたしの望み

ずっとそうだ。

俺は自分がやりたいことが決められないんだ。

 

彼女を作って何がしたいのか、

想像してみてさっぱり分からなかった。

 

生きがいとしての守るべき家族が欲しいだけだ。

 

自分が依存するための、家族を欲しているのだ。

 

このままでは俺も毒親だろう。